私の子供にアルコールを一口飲ませても大丈夫ですか?

重要なポイント:

  • 子供にアルコールを一口飲ませると、10代のときに過度に飲む可能性が高くなります。

  • 子供にとって安全であると考えられる量のアルコールはありません。

  • 将来、子供が過度に飲酒するのを防ぐ最善の方法は、未成年者の飲酒に対するあなたの気持ちを子供たちと共有し、健康的な習慣をモデル化することです。

聴診器と処方パッドを備えたコンピューターのキーボード 広告 広告

人々はしばしば子供たちにアルコールを一口飲むことは彼らが後の人生で不健康な飲酒習慣を発達させるのを防ぐのを助けることができると信じています。そして、アルコールの少量の一口は大したことではないように見えるかもしれません。しかし、最近の研究では、子供の頃に少量のアルコールを飲んだだけでも長期的な影響を与える可能性があり、それ以上の影響はないことが示唆されています。

最近 勉強 4,800人以上の子供たちを調べたところ、以前に飲酒を提供された子供は、飲酒していない子供よりもアルコールに対する期待が高いことがわかりました。この研究では、9〜11歳の子供の22%がアルコール、最も一般的には父親からのビールを飲んでいたことがわかりました。これらの子供たちは、アルコールが人々を一緒に楽しみたいと思わせるなどの発言に同意する可能性が高かった。

それで、アルコールについてのこの好ましい期待は、飲酒の増加につながりますか?そう見えます。研究者は、6年生までにアルコールを飲んだ子供たちが より大きなオッズ 中学3年生までに酔って大量飲酒することです。

私の子供にアルコールを一口飲むことのリスクは何ですか?

アルコールの早期の飲酒または試飲(13歳未満)以来、 と関連した 青年期後期にアルコール関連の問題が増加するため、それらのリスクが何であるかを認識することが重要です。

アルコールの早期飲酒は、人生の後半で、次のようなさまざまな問題に関連していることがわかりました。

子供が飲めるアルコールの許容量はどれくらいですか?

子供にとって安全であると考えられる許容可能な量のアルコールはありません。子供達 アルコールをより速く代謝する 大人より。これは、少量のアルコールでも血中アルコール濃度が高くなる可能性があることを意味します。これはできます 引き起こす 低血糖、昏睡、および体温調節の問題。

広告 広告

歯が生える子供の歯茎にアルコールをこすりつけて、痛みを和らげることができますか?

歯が生えるのを助けるために、赤ちゃんの歯茎にウイスキー(または他のアルコール)をこすりつけることについて、意図的なアドバイスを聞くかもしれません。これが痛みを和らげることができるというのは神話です。アルコールは痛みを麻痺させることによって機能しません。むしろ、それは通常、子供を眠らせることによって機能します。ただし、乳児や幼児は、比較的少量のアルコールによる非常に低い血糖値(低血糖症)やその他の合併症を起こしやすい傾向があります。したがって、アルコールは歯が生えるための安全な治療法ではありません。代わりに、凍った歯が生えるリングや、アセトアミノフェンやイブプロフェンなどの鎮痛薬を手に入れることができます。

ヨーロッパはどうですか?子供に早く飲ませると、後で適度な飲酒になりますか?

ヨーロッパでは、10代の若者は家族の中でアルコールを紹介され、適度に飲むことを学んだため、責任を持って飲むことを学んだとよく考えられます。結局のところ、この一般的な認識は真実ではありません。ヨーロッパのティーンエイジャーは より高いレート 米国よりも大量飲酒の割合。また、ヨーロッパでは13歳より前に飲酒したと報告する若者の割合が高くなっています。

米国は実際、ヨーロッパ諸国と比較して、過去30日間に飲酒を報告した若者の割合が最も低い国の1つです。そして、強力な研究により、法定飲酒の最低年齢(18歳ではなく21歳)で飲酒の開始を遅らせることができることが示されています 命を救い、健康を改善する

将来、子供が過度に飲むのを防ぐにはどうすればよいですか?

親としてのあなたの態度はあなたの子供に強い影響を与えます。未成年者の飲酒に反対することを明確にした場合、 研究は示しています あなたの子供がアルコールを飲む可能性が低いこと。アルコールに関するルールを設定し、期待を共有し、 健全なアプローチのモデリング 飲酒は、子供が年をとったときに健康的な態度を育むのに役立ちます。

過度の飲酒を減らすのに役割を果たす社会的要因もあります。法定飲酒の最低年齢が高く、アルコール税が高く、アルコールショップの利用可能性が低いことはすべて、暴飲の割合を減らすことが示されています。これらの種類のポリシーをサポートすることは、子供が将来過度に飲む可能性を減らすのにも役立ちます。

広告 広告

結論

お子さんに少量のアルコールを与えることは無害に見えるかもしれませんが、研究の増加は、これらの初期の一口が将来あなたの子供が過度に飲む可能性を高める可能性があることを示しています。子供にとって安全と見なされる量のアルコールはありません。また、未成年者の飲酒についての期待を共有することは、子供が年長のときに過度に飲酒するのを防ぐのに役立ちます。

推奨されます